ALISAのLOVE DESTINY
ALISAの奇妙なアニメレビューぶろぐ☆美少女ゲーと中井和哉様を愛でてます♪今期のメインは「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」推しですっ♪「戦国BASARA Judge End」「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」「アルドノア・ゼロ」 など♪気ままに更新中☆    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝と吊られた男 その2」
【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (オリジナルデカ缶バッチ付 承太郎ver) (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (オリジナルデカ缶バッチ付 承太郎ver) (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]
(2014/07/30)
小野大輔、石塚運昇 他

商品詳細を見る

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝と吊られた男 その2」です。
『それは仲直りの握手のかわりだポルナレフ』敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥルさん。
挑発を受けるポルナレフに典明の必殺技「仲直りの握手」きたょ!そんな第11話。




☆ダイジェストですが本編のセリフなどあるのでネタバレ回避してくださいです☆


WCで盛り上がる渋谷すごかった。そんなわたしは6月20日のジョジョイベントに行きたいょ~
承太郎@小野Dのトークとかいいなあ。大画面の典明とかレロレロレロだょ!
とゆことで今週もゆるふわなジョジョ3部アニメレビューをお送りいたします☆

jojo
jojo

ポルナレフを庇い、敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥル。
それを目の当たりにしたポルナレフは、ショックで冷静さを失っていた。そこにつけ込んだJ・ガイルはスタンド「吊られた男(ハングドマン)」で猛攻撃を始める。このままでは敗北必至と踏んだ花京院は、ポルナレフと共に逃亡をはかる。追撃してくるホル・ホースとJ・ガイルのコンビに苦戦を強いられながらも、ポルナレフたちは本体を探り当てることで反撃の糸口をつかもうとするが…
(*公式等参照)

jojo
jojo
jojo

「人生の終わりってのはたいてーの場合あっけない幕切れよのォー」

敵スタンド攻撃の前に倒れたアヴドゥルさん。
『ポルナレフッ!」「相手の挑発にはのらないでください』
『まだわからないのですかアヴドゥルさんは言った…ひとりで闘うなと』
『あなたは相打ちしてでも仇を討つと考えているッ』ポルナレフを宥める花京院。

「俺に…どうしろというのだ…」
「ここはいったんひくのですッ!」

jojo
jojo
jojo

「アヴドゥルは背中を卑劣にも刺された…妹は無抵抗で殺された」
「この無念をおさえて逃げろというのか!?」

「あいつらのスタンドの性質がわからないうちは戦うな」
ポルナレフを必死になだめる典明。ポルポルくぅーんv煽るホルホル(笑)
そこへJ・ガイルの声が!ポルナレフをさらに挑発しちゃいます。

「ヘイ!カモォーン!ポルポルくぅーん!!」
「ポルナレフ!ゆっくりぼくの所まで戻ってくるんだ!あのトラックで逃げる」

「おい!ポルナレフ!」
「妹にあの世で再会するなら聞かせてもらうといい…どうやって俺に殺してもらったかな」

jojo
jojo

「ポルナレフ!挑発にのるなァーッ!!」
「さそっているんだーッ!!」

ここの花京院の車のシーンかっこよかった!
F-MEGAプレイで運転もこなしちゃううう。さすが典明!

「エメラルドスプラッシュ!!」
「ポルナレフを撃ちやがった!」「花京院とやらやりおるぜッ!」

jojo
jojo
jojo

「すまねえ花京院」
「俺は俺の妹の仇を取れるなら死んでもいいと思った…」

でもアヴドゥルの気持ちがわかったよ…奴の気持ちを無駄にはしない。
生きるために闘う…!そう花京院に伝えるポルナレフ。
だが激おこの典明。こいつはメチャ許さんよなあああああああ!
必殺技「仲直りの握手」きたー!なんという名シーンv

「本当にわかったのですか」
「それは仲直りの握手のかわりだポルナレフ」
「ああ…サ…サンキュー花京院」

「今度やつらがおそってきたら!ぼくたちふたりが倒すッ!」

jojo
jojo
jojo

「ヤツのスタンド…ハングドマンは」
「鏡が割れても小さくなった破片の中からまた攻撃してきた!」

「鏡の世界なんてどうやって攻撃すればいいんだ」

jojo
jojo

「ポルナレフ…鏡の中とか鏡の世界とか言ってますが」
「鏡の中の世界なんてありませんよ…ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから」

メルヘンじゃあないんですから…花京院典明さんの名セリフきたー!
典明とポルポルとの会話が遠慮ないのは。気を許してるってことかな。肉の芽仲間だし!

「教えてもらわなくても知っとるぜーッ!」
「スタンドがあるなら鏡の中の世界もあるだろう!」
「ないです」
「おめーなあ!」
「吊られた男の謎はきっとその点にあると思うのです」

jojo
jojo
jojo

「わ…わかった…い…いま…見えたんだ」

Jガイルの攻撃に追いつかれて車は横転!

「ヤツは鏡から鏡!映るものから映るものへ飛び移って移動している!」
「反射を繰り返してここまで追ってきたんだ!」

jojo
jojo

「お兄ちゃん達だいじょうぶ?お薬もってこよーか?」
「や…野郎ッ!」「子供の目の中に…」

子供の瞳を利用するJガイルに激おこの典明。
『なんて卑劣な男だ…ゆるさん!』原作もっと長いセリフだったのでやってほしかったな~

「おい花京院…そういうセリフをいうんじゃねえ」
「かたきを討つ時というのは今から言うようなセリフをはいて戦うんだ…」

jojo
jojo
jojo

「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ!」
「我が妹の魂の名誉のために!」「我が友アヴドゥルの心の安らぎのために…」
「この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる!J・ガイル…!」

スタンド能力…大川透さんの解説きたょ!
『ハングドマンは写っているその世界にしか存在できない!』
『その世界が消滅する時は別の反射物に移動しなければならないのだ!』

jojo
jojo
jojo

「野郎…!ついに」
「ついに!ついに会えたなJ・ガイル!!」
「ポルナレフ!それは両右手の男じゃあないぞ!」

「バァカめーおれがJ・ガイルだ」「おれのスタンドを見切っただとォ?」
「映るものを多くし軌道がわからなくなれば!もはや弱点はないッ!」

「野郎…!」「ポルナレフそのセリフは違うぞ…」

jojo
jojo
jojo

「我が名は花京院典明…我が友人アヴドゥルの名誉のために」
「左にいる友人ポルナレフの妹の魂の安らぎのために」
「死をもってつぐなわせてやる!」

原作でもかっこいいシーンきたー!典明かっこいいよ典明。
そしてついにJガイルを倒すポルナレフ。…最後の串刺しがホラー映画っぽい。

「ハングドマンが移動しなければならない軌道がわかった!」
「針串刺しの刑だッ!この瞬間を長年待ってたぜッ!」

「あとは閻魔様にまかせたぜ」
「これが本当の吊られた男か…真底クズ野郎だったな」

jojo
jojo
jojo

「待ちな…追ってきたぜ!」

J・ガイルがやられたことを知らず呷るホルホース!
ホルホルいいキャラだ(笑)

「野郎ならもう聞いてねーと思うぜ…」
「ヤツはとってもいそがしい!地獄で罰を受けているからなあ!」

jojo
jojo
jojo

「こいつぁかなわんぜ…俺一人じゃ完璧無理!」
「一番よりナンバー2!これがホルホースの人生哲学!」
「モンクあっか!」

Jガイルのだんながやられたことを知り逃げるホルホル君!走り方やばい(笑)
そこへジョセフと承太郎様がきちゃいます。いきなり殴られるし!

「ジョースターさん!承太郎!」
「アヴドゥルのことはすでに知っている…」

jojo
jojo
jojo

「卑怯にもアヴドゥルさんを後ろから刺したのは両右手の男だが…」
「俺が判決をいうぜ!」
「死刑!」

承太郎様たちに追い詰められるホルホース!
そこへホルホルに惚れてる雪野五月@女の子が助けにきちゃいました!
速攻で逃げるホルホルであった(笑)

「お逃げください!ホルホース様!!」

jojo
jojo
jojo

「ポルナレフ…その女性も利用されている一人にすぎん」
「かまってる暇はない…」
「アヴドゥルはもういない…しかし先をいそがねばならんのだ!」

jojo
jojo
jojo

「さあ!エジプトへの旅を再開しようぜ!」

「いいか!DIOを倒すにはよ…みんなの心をひとつにするんだぜ」
「ひとりでも勝手なことをするとよ…やつはそこにつけこんでくるからよ!」
「いいなッ!」
「先を急ごうぜッ!」

今週のおまゆう(笑)仲間意識がめばえたっぽいポルポル君。
DIO様のいるエジプトへ旅を急ぐ一行。
最後のチュミミ~ン…ジョセフの手に「女帝」きちゃったー!ここで次回に続くです。

「…やれやれだぜ」

jojo


そんな感じで。
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第11話「皇帝と吊られた男 その2」でした。

今回も見所いっぱいすぎる回でした!
作画はさすがに前回のクオリティにはいかなかったかな。でもキメるとこはキメでくださってるので
ポルポルも花京院もかっこよかったな。

花京院典明の超有名な『これは仲直りの握手のかわりだポルナレフ』
さらに『ファンタジーやメルヘンじゃあないのですから』
原作でも以前から典明のポルナレフの扱いが厳しすぎるというのは有名なお話ですが。
アニメで観るとさらにシュールだった(笑)何だろ。シリアスギャグでした。

アヴさんの死をきっかけに。仲間意識が芽生えるポルナレフ。
最後のセリフはおまえが言うな的な突っ込みたくはなったけど。
それをきいてる承太郎様達がふっと笑うとこは。3部の仲間との旅らしさが出てて良かったな。

次回はチュミミ~ン!「女帝」登場ですね。雪野さんボイスカワユスなぁ。
ジョジョに銀さんお妙さん神楽ちゃんボイスときたら。土方さんもくるといいな~
ではでは♪また追記&修正いたしますっ☆

banner
ではでは♪…BLOGRankingへ一票いつもありがとうございます~
関連記事
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
呆気無い幕切れよの~~~。遺言を残すまもなく逝ってしまったアヴドゥルを揶揄するホル・ホース。&nbsp;仲間を殺されて小馬鹿にされりゃだれだって怒ると思います。 むしろ高校生らしからぬ冷静さを持った花京院が凄い訳で。エメラルドスプラッシュでポルナレフを攻撃!?なんでそっち。ホルホースの皇帝をかわし、ポルナレフを正気に戻すためのもの。そして車でポルナレフ拾って逃走&hellip;花京院いくつだ...
2014/06/18(水) 15:17:26) | こいさんの放送中アニメの感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。